雄琴のソープに若い子が集まる理由

ソープランドといえば日本の文化ともいえるソープの技を
駆使して性的なサービスを繰り広げる場であった。
ルックスよりもサービスが命。
そのような傾向が強まり厳しい講習によって
いつの間にか若い子から敬遠されてしまい
熟女と呼ばれる女性たちの集まりの場となってしまった。
そんなソープに革命をもたらしているの店が
雄琴にあるフラワーズである。
ここの女性たちの平均年齢はなんと20歳というから驚きだ。
ではなぜそんな若い子達がこの時代にソープへ集まるのか。
まず一つに社会全体の不景気により業界もそのあおりを受け
風俗で働いても稼げない時代になってしまったことがあげられるだろう。
若い子であればソープは稼げる市場なのである。
二つ目にソープランドの性的サービスへのハードルが下がったことがあげられる。
厳しい講習とサービスでは女性が集まらないことに気がついたのだ。
まさにフラワーズはこの時代にあったソープといえるだろう。
客としてはそこそこのサービスでも若くて可愛い子と
性行為ができればそれでいいのである。